Jupyter Notebook使用時にCOMODO Firewallのアラートを消す方法

Python

機械学習の勉強をしています。

Jupyter Notebookを使用しているのですが、
.ipynbファイル(Jupyter notebookのファイル)を開くたびに
COMODO Firewallでアラートが表示されます。

 

 

内容を確認してみると、
Jupyter Notebookが.ipynbファイルを開くときに毎回生成するファイルが
自分のPC(127.0.0.1)にTCPで接続しようとしてるみたいですけど
大丈夫ですか?という内容のアラートです。

毎回.ipynbを開くたびに、Allowを押すのは大変なので
アラートがでないように、COMODO Firewallの設定を変更してみます。

環境

Windows10 64bit

Comodo Firewall 10

COMODO Firewallの設定

左下の検索ウィンドウにcomodoと入力し
COMODO Firewallを選択します。

 

COMODO Firewallの画面が表示されるので、SETTINGSをクリックします。

 

Advanced Settingsが表示されるので
左側からFirewallApplication Rulesの順にクリックします。

 

Addをクリックします。

 

Application Ruleの設定画面が表示されるので
Nameに以下のように入力します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\jupyter\runtime\*.json

 

Application RuleのAddをクリックします。

 

Action、Protocol、Directionを以下のように設定します。

  • Action:Allow
  • Protocol:TCP
  • Direction:Out

 

SOURCE ADDRESSのTypeとIPを設定します。

  • Type:IPv4 Single Address
  • IP:127.000.000.001

 

DESTINATION ADDRESSのタブをクリックして
TypeとIPを設定します。

  • Type:IPv4 Single Address
  • IP:127.000.000.001

 

OKを押します。

 

OKを押します。

 

設定は以上です。

これで次回からJupyter Notebookで.ipynbファイルを開いたときに
COMODO Firewallのアラートが表示されなくなります。

コメント