【PHP】MAMPでTimeZoneを変更する

PHP

MAMPをインストールするとphpも一緒にインストールされます。

phpで時間を扱う関数(date関数)などがありますが
初期状態だとUTC(協定世界時)になっています。

このままだと、現在時刻と違う時間を扱うことになり
date関数などがうまく動かないので修正を行ってみます。

MAMPでphpの時刻関連の修正を行うにはTimeZoneを変更します。
TimeZoneを変更するにはphp.iniを編集します。

現在のTimeZoneの確認方法

MAMPを起動して、Open Start Pageをクリックします。

StartPageが表示されるので、phpInfoをクリックします。

dateの項目にDefault timezoneがあります。
初期状態ではUTCになっています。

UTC(協定世界時)とは

世界各地の標準時は協定世界時を基準としている。
日本標準時 (JST)は協定世界時よりも9時間早く「+0900 (JST)」と表記する。
出展:Wikipedia 協定世界時

現在はphpの設定がUTCになっています。

このままだとdate関数などを使用したときに
現在時刻から9時間前の時刻を取得してしまいます。

 

TimeZoneの変更方法

C:\MAMP\conf\変更したいバージョンのphpフォルダを開き
php.iniをエディターやメモ帳で開きます。
今回はphp7.2.1のphp.iniを編集します。

 

iniファイルから[Date]項目を見つけます。
初期状態であれば703行目にあるはずです。

 

date.timezoneの先頭のセミコロンを外し
“Asia/Tokyo”をdate.timezone =の後に入力します。

 

php.iniを保存して閉じます。

 

MAMPを再起動します。

 

 

 

 

phpinfoのDefault timezoneがAsia/Tokyoになっていれば
TimeZoneの変更は完了です。

コメント