【PHP】勉強のまとめ1

PHP

PHPの勉強をはじめたので、勉強したことをまとめておきます。

下記のサイトを参考にさせていただきました。

PHP: PHP マニュアル - Manual
初心者のためのPHP練習問題
PHPの練習問題入門編です。 とにかく毎日コツコツスクリプトを打ち込んでいればそのうち何かが見えてくるでしょう。

PHPの勉強まとめ

PHPタグ

<?php  ?>でコードを囲む。
ファイルが純粋なphpファイルの場合はファイル末尾の ?>は省略するほうが良い。

ファイル全体が純粋な PHP コードである場合は、ファイルの最後の終了タグは省略するのがおすすめです。 終了タグの後に余分な空白や改行があると、予期せぬ挙動を引き起こす場合があるからです。 余分な空白や改行のせいで PHP が出力バッファリングを開始し、その時点の内容を意図せず出力してしまうことになります。

出典:PHP マニュアル PHP タグ

 

PHPタグで囲まれている内部がPHPのコードとして認識される。
タグで囲まれてない部分は無視される。

9行目から11行目までをPHPのコードとして実行する。

 

変数の宣言

変数の宣言には$を使用する。
$を本当につけ忘れやすいので気をつけたいです。

 

文の末尾にセミコロン

文の末尾にセミコロンをつける。
VBAとPythonでは文の末尾に何もつけないので
これもよく書き忘れます。

セミコロンをつけ忘れるとParse errorが発生する。
Parse error: syntax error, unexpected end of file in ファイルのパス on line 3

 

繰り返し

for文
for (式1; 式2; 式3) {
文;
}

式1でカウンタ変数の初期化
式2で継続条件
式3でカウンタ変数の増減

 

条件分岐

if文
if (条件式){
文;
} elseif (条件式){
文;
} else {
上記の条件式のいずれにも合致しないときに実行される文;
}

50点以上65点未満みたいな条件式は、下記のような書き方はできない。

ANDで結合する必要がある。

 

ANDとORの論理演算子

AND条件とOR条件は
and (もしくは &&)と
or (もしくは ||)で条件を結合する。
演算子がそれぞれ2種類あるのは優先度が違うため。

PHP: 演算子の優先順位 - Manual

 

比較演算子

比較演算子に’==’と’===’があります。
‘==’は型の相互変換をした後で等しい時にTRUE。
‘===’は値が等しく、同じ型である場合にTRUE。
‘==’は型の変換を行って比較するので、比較結果が意図しない結果になる。

 

POSTメソッドを使用した基本構文

POSTメソッドを使用してphpファイルにデータを送信。
POSTで受け取ったデータは文字列型になる。

 

echoとprintの違い

こちらが詳しいです。

http://php-beginner.com/reference/extra/echo_print.html

 

switch文

break文を使用しないとフォールスルーする。

 

時間の取得

date関数を使う。

時間がずれる場合はphp.iniのタイムゾーンの設定をAsia/Tokyoに変える。
date.timezone = Asia/Tokyo

MAMPで該当のファイルを変えたのですがUTCのままになってます・・・
直し方が間違ってるかもしれないので、さらに修正方法を調べます。

コメント