PHP勉強のまとめ2

PHP

PHPで勉強したことのまとめ2です。

PHPで勉強したことのまとめ2

文字列結合

文字列結合は.(ドット)で行う。
省略形の文字列結合がある。

 

文字列内の変数展開

  1. 文字列の中に変数を入れ、波括弧{}で囲む
  2. ダブルクォーテーションで文字列を囲む

    変数の内容が文字列に展開される。

 

配列・連想配列

array()で作成する。またはPHP5.4以降なら[]でも作成できる。
連想配列の作成には=>(ダブルアロー演算子)を使用する。
配列・連想配列だけではなく、色々なデータ構造として使用できる。

配列としてだけでなく、リスト (ベクター)、 ハッシュテーブル (マップの実装の一つ)、辞書、コレクション、スタック、 キュー等として使用することが可能です。

出典:PHPマニュアル 配列

 

配列にインデックスなしで代入すると、配列の末尾に追加する。

 

foreach文

配列または連想配列内のデータを順番にkeyとvalueに分解して
keyとvalueに対して処理を行う
配列の場合はkeyに配列のインデックス番号が入る。

 

クラス

class文を使用してクラスを定義する。
インスタンスのプロパティを参照するには->(アロー演算子)を使用する。
メソッドも同じくアロー演算子を利用する。
インスタンス自身にアクセスする場合は$thisを使用する。
コンスタラクタは__constructで定義する。

 

関数

is_numeric関数

変数が数字または数値形式の文字列であるかを調べる

PHP: is_numeric - Manual

var_export関数

変数の文字列表現を出力または返す

PHP: var_export - Manual

コメント