【PHP】PHP勉強のまとめ4

PHP

PHPで勉強したことのまとめ4です。

switch文は==で比較している

これは意図しない結果を招くかもしれないので、結構怖いですね。
if elseif使うしかないのか・・・

 

htmlソース上で\nで改行するにはダブルクォーテーションを使用する

‘<br>\n’ではエスケープシーケンスが動かずそのまま\nが出力されてします。
“<br>\n”とダブルクォーテーションで囲めば、htmlソース上でも改行されます。

 

PHP7以降関数の引数と戻り値に型を指定することができるようになった

 

Warning: A non-numeric value encounteredは
PHP7.1.xから表示されるようになりました。

PHP: その他の変更 - Manual

 

break、continueの複数階層の抜け方

break 2
continu 2
文の後に数値を入力すると多重ループを抜けます。

goto文があるので多重ループを抜ける場合は、こちらのほうが可読性が高そうです。

 

引数の数が決まってない関数も作成できる

pythonのスター引数に近いです。

 

無名関数(クロージャ)

関数を引数とする関数で、事前に関数を定義しなくても
仮引数のところで関数を定義できる。

 

ヒアドキュメント

文字列を区切る別の方法としてヒアドキュメント構文 (“<<<“) があります。この場合、ある ID (と、それに続けて改行文字) を <<< の後に指定し、文字列を置いた後で、同じ ID を括りを閉じるために置きます。
出典:文字列 ヒアドキュメント

コメント