【python】listのまとめ

Python

Pythonのlistの使い方をまとめました。

listの作成

括弧を使用してlistを作成します。

 

内包表記でも作成できます。

listに要素を追加する

append

appendでlistの末尾に要素を追加します。

 

extend

extendで別のlistやtupleの要素を取り込みます。

 

insert

追加したい要素をインデックスで指定して、listに追加します。
listの途中に要素を追加できます。

 

listから要素を削除する

remove

listから要素を指定して削除します。
要素がない場合ValueErrorになります。

 

pop

setから指定したインデックスの要素を削除して、その要素を返します。
インデックスを指定しないと、listの末尾の要素を削除して返します。
要素がないとIndexErrorになります。

 

clear

list内の要素をすべて削除します。

 

その他のメソッド

要素の位置を検索する index

indexメソッドを使用してlist内の要素の位置を取得できます。
追加要素の後にstartとendを指定して
list内の検索範囲を指定できます。

要素がないとValueErrorになります。

 

要素の出現回数を数える count

countメソッドで指定した要素の出現回数を数えます。

 

要素を並び替える sort

listの要素を並び替えます。
sortメソッドを実行すると、sortを実行したlistの中身が変わります。

要素を並び替えた新しいlistを作成したいときは
組み込み関数のsortedを使用します。

 

参考

listの計算量

計算量は公式ページのTimeComplexityのlistが参考になります。

TimeComplexity - Python Wiki

コメント