【Python】csvライブラリの活用

Python

Pythonにはcsvを扱うための標準ライブラリがあります。

こちらを利用すれば、csvファイルの読み込み、書き込みの処理を
行うことができます。

使用するダミーデータは以下になります。
名前はtestdata.csvで文字コードはutf-8です。

 

csvモジュールの使用方法

csvの読み込み

with文とcsv.readerを使用してcsvファイルを読み込みます。

csvモジュールで改行処理を行うので、open関数のnewlineを”とします。

 

またはcsv.DictReaderでデータをdictで読み込みます。

 

readerでcsvファイルのヘッダーを飛ばしたいときは
readerオブジェクト作成直後にnextメソッドを使用して
ヘッダー行を飛ばします。

 

csvの内容をDictionaryに格納するサンプルです。

 

csvの書き込み

with文とcsv.writerを使用してデータを書き込みます。
open関数のnewline=”は必ず設定してください。
設定しないと、書き込み時に余計な改行が書き込まれます。

コードを実行するとwrite_test.csvが作成されます。

 

またはwith文とcsv.DictWriteを使用してdict形式のデータを読み込みます。

 

既に存在するcsvファイルにデータを追記したいときは
with openのパラメータを’a’にします。

データを追記したcsvの内容は以下になります。

 

ダミーデータの作成

ダミーデータは下記のサイトで作成しました。

テスト用ダミーデータの作成ツール
目次 1. テスト用のダミーデータを一括で作成したい2. テストデータ生成ツール3. 生成されるデータについて4. うまくいったところ5. うまくいかなかったところ6. まとめ テスト用のダミーデータを一括で作成したい プログラムの開発中に

コメント