【VBA】VBA エディターのおすすめ設定

VBA

VBAを利用しているみなさんは、Excelに付属している
Visual Basic Editor(VBE)を利用して、VBAの入力をされていると思います。

VBEを利用していて、以下のように感じたことはないでしょうか。

  • 構文を間違えるたびにポップアップが表示されて、うざい!
  • エディタが黒文字ばかりで分かりづらい

 

この記事では、長年VBAを使用している私の観点から
オススメな設定方法をご紹介します。

具体的な設定方法ですが・・

  • 自動構文チェックを外す
  • 変数の宣言を強制させる
  • タブ間隔設定
  • 構文エラー文字、キーワード、識別子の設定

10分くらいで設定を改善できますので
まずはご一読ください。

VBEの初期設定

初期状態のVBEではコメントとエラー以外が全部黒文字になっており使いづらいです

 

そのままでも使うことはできますが、設定を変更することによって
VBAのコーディングの効率をあげることができます。

おすすめ設定

Excelを起動し、開発タブのVisual BasicをクリックするとVBA Editorが起動します。

 

「ツール」→「オプション」をクリックします。

 

編集タブ

オプション画面が表示されます。
初期の状態では下記のようになっています。

自動構文のチェックを外す

「自動構文チェック」のチェックをはずします。

 

「自動構文チェック」にチェックがついているとVBAの構文にエラーがあるたびに
毎回ポップアップ画面が表示されるのでわずらわしいです。
チェックを外すことにより、ポップアップ画面は表示されなくなります。

 

変数の宣言を強制する

続いて「変数の宣言を強制する」にチェックをいれます。

「変数の宣言を強制する」にチェックを入れると
新しく作成したモジュールの先頭に自動的にOption Explicit文が挿入されます。
Option Explicit文を挿入するメリットについてはこちらをご覧ください。

VBAでOption Explicitを書くべきか?
VBAにはOption Explicitがあります。 Option Explicitをモジュールの先頭に書くことにより 変数名の入力ミスに必ず気づくようになり、デバッグ作業が楽になります。

 

タブ間隔の設定

タブ間隔を変更します。2または4がおすすめです
。わたしは2に設定しています。

 

エディターの設定タブ

「構文エラーの文字」の設定

エディターの設定タブに移動します。
構文エラーの文字を選択します。前景を白、背景を赤に設定します。

 

「キーワード」の設定

キーワードを選択します。前景を赤に設定します。

 

「識別子」の設定

識別子を選択します。前景を青に設定します。

 

設定が完了したら、OKを押します。

 

設定変更後の画面

OKを押すとエディタが下記のように表示されます。

  • 構文を間違えてもポップアップが毎回表示されない
  • エラー構文の背景が真っ赤になっているので、エラー箇所が分かりやすい
  • キーワード・識別子の色を変えたので標準コードと区別しやすい

 

以上が、わたしのVBAエディターの設定です。

エディターの設定がVBAプログラミングの効率にも影響を与えますので
自分に適したエディターの設定をみつけてみてくださいね。

 

コメント