【VBA】Excelファイルを開いた時にVBAを実行する

VBA

Excelファイルを開いた時にVBAのコードを実行するには
ThisWorkbookのOpenプロシージャを利用します。

通常のモジュールとの違い

通常だとモジュールを追加して、そのモジュールにVBAのコードを書いていきます。

 

今回はイベントを元にしてVBAを起動するのでThisWorkbookにコードを書きます。

イベントとは

ユーザーが行った何らかの行動のことです。
Excelだと「Excelファイルを開く」、「Excelファイルを閉じる」
「セルをクリックする」、「セルの値を変更する」などです。

今回の例では「Excelファイルを開く」がイベントになります。

 

ThisWorkbookにOpenプロシージャを追加する

VBAエディターを開き、ThisWorkbookをダブルクリックします。

 

(General)をWorkbookに変更します。
(Declarations)をOpenに変更します。
Workbook_Openプロシージャが追加されます。

 

Workbook_Openにコードを追加する

Workbook_Openにコードを書いてみます。

Excelファイルを開いた時に、開いたファイルの名前を
メッセージボックスに表示してみます。

Workbook_Openのコードは以下になります

 

ファイルを保存して閉じた後、もう一度ファイルを開きます。

Excelファイルを開くと「ファイル名.xlsmを開きました」と
メッセージボックスが表示されます。

コメント