【VBA】Shell関数を使用してフォルダを開く

VBA

VBAを利用してフォルダを開くことができます。

この記事ではVBAのShell関数を利用して
フォルダを開く方法を、ご紹介します。

Shell関数でフォルダを開く

Shell関数を利用してフォルダを開くコードです。

test_openFolderを実行すると、Cドライブをエクスプローラーで開きます。

Shell関数から“C:\Windows\Explorer.exe “
Windowsのエクスプローラーを起動しています。

その後に開きたいフォルダのパスを結合してコードを実行しています。

openFolderに渡す文字列を変えることによって
開くフォルダを変えることができます。

 

サブフォルダも含めて開く

サブフォルダを含めてエクスプローラーでフォルダを開くにはFileSystemObjectを利用します。
FileSystemObjectを利用するにはMicrosoft Scripting Runtimeに参照設定を行う必要があります。

参照設定の方法については下記を参照してください。

VBAで参照設定を行う
VBAに標準で含まれていない機能があるときは 外部のライブラリを参照して、外部ライブラリ内の機能を利用します。 この外部ライブラリの機能を利用する設定を、参照設定と言います。

 

test内にフォルダが全部で6つあります。
test1とtest2はそれぞれ、サブフォルダを2つずつ持ちます。
この6つのフォルダをShell関数を利用して、すべて開いてみます。

大量のフォルダをShell関数で開くと、画面がエクスプローラーで
埋め尽くされてしまうので、事前にフォルダ数を確認してください。

 

サブフォルダを含めて、すべてのフォルダをエクスプローラーで開くコードです。

コードを実行するとサブフォルダを含めて、エクスプローラーでフォルダを開きます。

コメント