【Office365 Business】インストール済みのOfficeを修復する

VBA

Ofice365 Businessを利用しているのですが、
PCにインストールしているExcelのVBAエディターが
いきなり動かなくなりました。

Alt+F11やリボンメニューの「Visual Basic」を押しても
何も反応せず、VBAエディターが開きません。

下記の方法を試してみました。

  • PCの再起動
  • Officeのクイック修復
  • Officeのオンライン修復

Officeのオンライン修復を行ったところ、VBAエディターが開くようになりました。

Officeのオンライン修復の手順をまとめてみました。

作業完了まで20分ほどかかりました。
実行環境にもよると思いますが、オンライン修復には
ある程度時間がかかりますので、ご注意下さい。

動作環境

  • Windows10
  • Office365 Business
  • インターネットに接続できる環境

Officeのオンライン修復手順

デスクトップ画面左下にappwiz.cplと入力し
表示されたappwiz.cplをクリックします。

 

プログラムと機能画面が表示されるので
右上の検索ボックスにofficeと入力します。

 

Microsoft Office 365 Business – ja-jpを右クリックして
変更を選択します。

 

このアプリが変更を加えることを許可しますかと表示されるので
はいをクリックします。
(この画面のスクリーンショットが取れませんでした・・・)

 

Officeプログラムをどのように修正しますか?と表示されるので
オンライン修復を選択して修復ボタンを押します。

オンライン修復の前にクイック修復を試してみて
エラーが直るか、確認してみるのも良いでしょう。

 

オンライン修復を開始してもよろしいでしょうか?と表示されるので
修復ボタンを押します。

 

修復がスタートします。

 

すべて完了です。Officeはインストールされました。と表示されれば
Officeのオンライン修復は完了です。

 

以上がOfficeのオンライン修復の方法です。
オンライン修復後、ExcelのVBAエディターが動くようになりました。

コメント