【VBA】ExcelVBAのモジュールにパスワードをかける

VBA

ExcelVBAのモジュールにパスワードをかける方法と
解除する方法をまとめました。

モジュールにパスワードを設定する

VBAエディターを開きます。

 

ツールをクリックし、VBAProjectのプロパティを選択します。

 

保護タブを選択します。
1.「プロジェクトを表示用にロックする」にチェックを入れます。
2.「パスワード」と「パスワードの確認入力」にパスワードを入力します。
今回はパスワードに「test」と入力してみます。

今回はモジュールにパスワードを設定するテストのため
パスワードを簡単なものにしています。
実際にパスワードをかける場合は、もっと複雑なものを使用してください。
パスワードを忘れるとVBAProjectを開けなくなるので、注意してください。

3.OKを押します。

 

パスワードをかけたExcelファイルを保存して閉じます。

 

Excelファイルを開きます。
VBAエディターを開き、VBAProjectをダブルクリックします。

 

パスワード入力画面が表示されるので、さきほど設定した
パスワードを入力してOKを押します。

 

ロックが解除され、モジュールの内容を見ることができるようになります。

モジュールのパスワードを解除する

VBAエディターを開き、VBAProjectをダブルクリックします。

 

パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力してOKを押します。

 

ツールをクリックし、VBAProjectのプロパティを選択します。

 

保護タブをクリックします。
1.「プロジェクトを表示用にロックする」のチェックを外します
2.「パスワード」と「パスワードの確認入力」を空欄にします。
3.OKを押します。

 

パスワードを解除したExcelファイルを保存して閉じます。

Excelファイルを開き、VBAエディターを開くと
パスワードを入力せずにモジュールを見ることができます。

コメント