VBAでデータのカウントを行う

VBA

VBAでシート上の項目のカウントを行いときは
Dictionaryオブジェクトを使用すると
簡単に項目のカウントを行うことができます。

 

Dictionaryオブジェクトを使用するために
Microsoft Scripting Runtimeに事前に参照設定を行う必要があります。

VBAで参照設定を行う
VBAに標準で含まれていない機能があるときは 外部のライブラリを参照して、外部ライブラリ内の機能を利用します。 この外部ライブラリの機能を利用する設定を、参照設定と言います。

 

シートのA列に4種類の食べ物が入力されています。
・りんご
・レタス
・牛肉
・水
こちらのデータのカウントを行ってみます。

 

シート上の項目のカウントを行うコードは以下になります。

 

データの最終行を取得するために、getMaxRow Functionを使用しています。
getMaxRowについては以下の記事をご覧ください。

【VBA】最終行・最終列を取得する
for文などで1行目から最終行、または1列目から最終列まで 連続して処理を行いたいときがあります。 この記事では最終行と最終列を取得するVBAのサンプルコードをご紹介します。

 

test_countItemsを実行すると、シートのA列の項目のカウントを行います。
入力されている食べ物の各個数が表示されます。

コメント