VBAでテキストファイルを読み込む

VBA

VBAでテキストファイルを読み込むには
Microsoft Scripting Runtimeを使用します。

事前に参照設定でMicrosoft Scripting Runtimeを
選択しておく必要があります。

VBAで参照設定を行う
VBAに標準で含まれていない機能があるときは 外部のライブラリを参照して、外部ライブラリ内の機能を利用します。 この外部ライブラリの機能を利用する設定を、参照設定と言います。

 

テキストファイルの内容を読み込むコードは以下になります。

 

C:\txt\に読み込みテキスト.txtを置きました。

 

読み込みテキスト.txtの内容です。

 

test_readTextFile Functionを実行すると
readTextFile Functionのテストを行います。
テキストファイルの内容がメッセージボックスに表示されます。

コメント